転職活動の状況

何もしてない。諸々の人事異動の結果、居やすさがかなり回復していて。人の配置って興味深いね。

もともと給料がお安い代わりにプレッシャーがとても少ない環境だったんだけど、給料そのままで圧力だけ高まっていたのが去年の状況で、割に合わないので別のところ行く方が全然マシと考えていたのだけど、この圧力が抜けたので相当楽に。圧力の出元ってどこだったんだろう。結局は直属の上司次第ということなのかしら。そういう個人の資質とか気分とかに影響されないでいたいと思いながら、私はけっこう気にしてしまう方。

直属の上司がブラック企業経営者マインド(待遇変えずに義務の範囲だけ拡大するとか、ダメ出しによって人をコントロールしようとするとか)を持っているだけで、これだけユルい会社が嫌な感じになるというのを知ることが出来たのは、それはそれでいい勉強になったという感じでもあるけど。

そういう状況を防げる組織であるためには、どういう仕組みを作ればいいのかまでは、考えたけど今一つイメージできず。人と切り離して仕組みだけで回そうと思っても、決まりごとばっかりが増えそうで。

でも一定の品質のアウトプットを得たかったら、手順書化は必須だし。手順を定めて、実施結果が検証できるようになってるのが大事。目的次第でそれぞれ定めればいいだけ、と思うんだけど。目的は何かを示せる人って、若い頃に思っていたよりずっと少ないのかもと思う昨今。

とりあえずこれなら今の会社での昇進を目指す方が目標がイメージしやすいのでそっちに重点を置く方向に切り替えるけど、今より良くなるなら転職もする。といっても書類はなかなか通らないしスカウトは胡散臭いところからばっかりなので、一旦諸々の転職サイトからのメール配信は停止。今年中に経歴書を見直して再登録する。今のところそんな感じ。